退屈しのぎ

人の時間の中での「点」ずっとの付き合いでも「線」にはならない。連なる関係「点」な私

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

幕末史跡ウォーク

6月27日の蒸し暑い日曜日。
職場の洗濯王子ことY氏(62歳)が実は史跡ガイドさんでして
プロとしてやっていた事もある。(今でも依頼あれば副業としてやってるとか)
本来ならかなりの金額で依頼するべきところを
酒の席の勢いでお願いしたらやってくれた

なんせ歴史に疎い私なので聞いてほぉぇ~と関心を持ってみても
すぐに忘れます。
大河ドラマもじぇんじぇん観てませぬ。
そんななのでこの日記もそんな感じが伝わればと。。

今回のテーマはペリー来航から明治維新までの16年間をざっととのこと。

*河原町丸太町の旧春日小学校前に集合。
この場所で『安政の大獄』に関する重要な人が斬られたの。忘れた。

*新三本木(吉田屋跡)河原町丸太町上がって東入る
ここにあった料亭がのちの立命館創立の地。
ここで芸妓の幾松さんがいて桂小五郎を匿ったとか。
新撰組も来たとか。

で、遊郭の話になり歴史を駆け巡った男達を支えたのは女達だな。と。
そりゃそうやで。とおっちゃんも力強くうなづく。
そんな女達目線の歴史なら面白そう。本とかあるのかしら?

SN3D05670001.jpg

*高瀬川一之舟入 木屋町二条下がる辺り
この辺から木屋町暗殺ロードに入る訳です。
話はどんどんいろんな人物、事件が出て来てましたが
私ともう1人の歴史うっとい女子らは高瀬川に釣り吉三平その後な人がいる事にきゃっきゃ。

SN3D05700001.jpg

*佐久間象山、大村益次郎斬殺跡
高瀬川の西側、木屋町御池辺りなのです。
若かりし頃はよく夜中にチャリンコ飛ばして通ったりしてました。
なのにこんなのがあったなんて!見ようとしてなかったわー。
佐久間象山。。最近漫画『仁』読んで出て来てたからやっと解って感激。
三条大橋でさらし首にされた象山さん。

SN3D05680001.jpg

*京都ホテル横の桂小五郎像(木戸孝允)
ホテルの敷地は長州藩跡。ホテルから河原町西側までの広さ。デカイのね。
木戸孝允別宅にも行ったけどこの方、実は梅毒で亡くなったらしい。あらー。
幾松さんは大丈夫だったそうですが、木戸さんが何やら高額なプレゼントをする約束を果たせぬまま
亡くなったとかで彼亡き後、伊藤博文氏に『買ったる買ったるぅ~』と言い寄られてたとか(笑)
ま、昔の事ですし本当かどうかはねぇ。
てかこんな話が頭に残る。そんなもんです。
ざっとの記録。
ほんと沢山巡ったし、まつわる裏話も聞いたけど残念ながら容量オーバー。
巡ったと言っても木屋町界隈だけですがかなりの史跡数で驚く。
龍馬ブームで人も多かったな。新たな石碑も。。

京都人なのに全く知らなかった私。
自分の生まれた場所の歴史を知るのは大事だと思った。やっと。
京都って面白いな。
スポンサーサイト

kyoto | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<18年振り | ホーム | 耳鼻咽喉科>>

コメント

わたしねぇ、大河見てるの。
佐藤健や大森南朋とか、脇の俳優陣がいいからね。
京都のあそこがそうだったのねぇ、とか思いつつ見てます。
上の子は、今年から歴史の授業があって、歴女っぷりを発揮中・。
2010-06-30 Wed 09:15 | URL | いるおんま [ 編集 ]
Re:
>イルオンマさん
歴女!いいことですなー。
きゃっきゃ言ってたあの頃のあの場所が。。って思うとスゴイことのように思う。
大河ドラマ観ないとですね。。
2010-06-30 Wed 23:12 | URL | *ayano* [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。